【PR】 無料アプリ「やる気が出る!!一日一名言」 【PR】
やる気が出る!!名言・格言アプリ

金魚カタログ

キャリコ琉金(キャリコリュウキン)
キャリコ琉金(キャリコリュウキン)
キャリコ琉金(キャリコリュウキン)
●品種名 キャリコ琉金
●読み方  キャリコリュウキン
●出現年代 明治45年〜
●作出国 日本
●作出者 初代秋山吉五郎氏
●歴史・過程 明治時代にアメリカ人・フランクリンパッカード氏の依頼により、秋山吉五郎氏が琉金三色出目金の交配で作出。
依頼者がアメリカ人だったことと、当初は主に輸出向けの金魚だったことから、「まだら」の英名である「キャリコ」と名付けられた。
この品種の登場以降、同様の体色を持つ品種を「キャリコ〜〜」と呼ばれるようになったが、単に「キャリコ」といえば、この「キャリコ琉金」のことを指す。
●特徴 琉金の体型に、体色は浅葱、赤、黒、白で、モザイク透明鱗を有することが特徴。可愛らしく、美しくもある観賞価値の高い品種。
●入手難易度 【普通】
ホームセンターなどで売られていることは以外と少ないが、専門の金魚屋さんなどではよく見ることが出来る。流通量は少なくない。
●飼育難易度 【普通】
琉金と同様で、基本を守っていれば特に難しさはない。
●画像の個体 (上):2013年日本観賞魚フェアで出展されていた個体。
(下):2006年静岡県金魚品評大会、キャリコ琉金親魚の部で最優秀賞を獲得した個体。まん丸で立派な体格が素晴らしい。本来は横から観賞する品種。
●その他 「更紗」は金魚の体色では、一般的に赤と白の模様のことを言う。しかし、本来の日本語の「更紗」という言葉の意味はまだら模様のことを指す。
「更紗琉金」というと、一般的には赤と白の体色を持つ琉金ということになるが、本来の言葉の意味としてはまだら模様の琉金、つまりキャリコ琉金ということになる。

和金型の金魚 琉金型の金魚 オランダ型の金魚  らんちゅう型の金魚
和金
朱文金
コメット
地金
琉金
キャリコ琉金
出目金
 三色出目金
土佐錦
和蘭獅子頭
東錦
青文魚
茶金
珍珠鱗
浜錦
蝶尾
丹頂
らんちゅう
江戸錦
桜錦
秋錦
ナンキン
花房
水泡眼
頂天眼

金魚カタログメニューに戻る


【PR】オススメ無料iPhoneアプリ【PR】
幕末検定 戦国検定 やる気!!名言 ビジネス名言 幕末名言 戦国名言 吉田松陰語録
アプリ「日本金魚図鑑」